2009年10月01日

9月30日の行動 その1 神田川支流暗渠〜「くっくわん」でランチ〜神田川

最近、川&暗渠好きブロガーの方々とお知り合いになれた。
「暗渠さんぽ」のnamaさん、
http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/
「東京Peeling!」のlotus62さん、
http://lotus62.cocolog-nifty.com/blog/
「東京の水 2009 fragments」のHONDA@tokyoriverさん、
http://tokyoriver.exblog.jp/
「善福寺川 リバーサイド Blog」のリバーサイドさん、
http://pub.ne.jp/sktk4a/
そんな皆さんに刺激を受けたようで、久々にじっくり暗渠&川を辿ってみたくなった。
あいにくの小雨模様だったが、昼過ぎに出かける。

まずはウチの近くから神田川支流暗渠を下っていき、
西新宿五丁目、けやき橋商店会で昼飯にしようと思った。

駒ヶ嶺医院の脇。住所表示から「西」が落ちちゃってるけど西新宿4丁目。
この辺りならではの細い路地。入っていく。

20091001_01.jpg

昔はここ、いい味の階段になっていて、方南通りに出るのに便利だったのに、
新しいマンションがでーんと建って、階段も作り直されたうえ、
「私道」とかってことで通行禁止にされてしまった。
まったく、後からこの地に来ておいてさあ…。

20091001_02.jpg

路地を抜けると、ここでは自転車置き場になっている神田川支流暗渠。

20091001_03.jpg

以前この暗渠を遡ったときの記事。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/42150853.html
http://ei8at12so.seesaa.net/article/42178350.html
http://ei8at12so.seesaa.net/article/42545373.html

今回は下る。大江戸線西新宿五丁目駅出入口脇から方南通りに出る。

20091001_04.jpg

方南通りを横断して、進む。

20091001_05.jpg

橋跡脇に自転車店「ヤジマ輪業」。今の店主はウチの大家さんの同級生だそうで。

20091001_06.jpg

今頃アサガオ?

20091001_07.jpg

やっぱり気になるヤカン。シダとかも好きだなー。

20091001_08.jpg

また橋跡。そして「盤寅」。

20091001_09.jpg

遊具。

20091001_10.jpg

次の橋跡。なんかパイプが出てる。

20091001_11.jpg

井戸ポンプ再利用。以前の記事で触れた藤棚のある家。

20091001_12.jpg

神田川本流に至る。

20091001_13.jpg

手を伸ばして放水口を撮ろうと試みる。

20091001_14.jpg

神田川を下流へちょっと行けば、けやき橋商店会。

20091001_15.jpg

橋のたもと、オススメのお店、大衆割烹「おちあい」。
あいにくランチはやっていない。

20091001_16.jpg

で、「くっくわん」へ。

20091001_17.jpg

なんかいろいろあるようだけど、読みにくい。

20091001_18.jpg

初入店。うーん、やっぱり解読困難。

20091001_19.jpg

ちょっと拡大。

20091001_20.jpg

最初のほうに黄色い字で書かれているのは付け合せ。
メインはその後。いろんな組み合わせがあるなあ。
じっくり見つめ、「串かつと活あじフライ」+「がんもとこんにゃく煮」に決定。

店内。

20091001_21.jpg

廃墟徒然草さんの記事によると、
http://blog.goo.ne.jp/ruinsdiary/e/a241051c02d84ea454a02fb12dcd6c18
ここの御主人、土門拳文化賞を受賞しているほどのフォトグラファーなのだ。
店内はギャラリー状態。

20091001_22.jpg

お、これはフジの印画紙。自家現像かあ。

20091001_23.jpg

ふと、テーブルの下を見ると、普通の定食屋なら週刊誌とかなのに、
イルフォードの印画紙の箱が。

20091001_24.jpg

開けると写真がビッシリ。スゴイ!

20091001_25.jpg

ご飯が来たよー。これもスゴイ!

20091001_26.jpg

アジフライは一般的な開きの状態ではなく、半身が2つで1尾分。
ひとくち。サックリ、フンワリ、ジュワーッ。
うおおおお、美味い!
串かつも煮物も良し。
近所だとか、ノスタルジックなお店だとか、
贔屓目に見る要素は無視したとしても、大当たり!
ボリュームもタップリ。これで760円なんて…。
再開発凍結バンザーイ!

大満足でお店を出る。
隣のお寿司屋は閉店し、こんな状態。

20091001_27.jpg

でもさっき、「くっくわん」の御主人と他の客の会話によると、
うどん屋ができるとか。ホントかな?
ますます再開発どころじゃないみたい。



神田川に戻る。このループタイは落し物?

20091001_28.jpg

この辺りからの神田川沿い光景は以前撮影して「写真館」にアリ。
http://ei8at12so.sakura.ne.jp/2008/11/133.html

淀橋で青梅街道を渡り、中野区側を行く。
空き地。

20091001_29.jpg

lotus62さんの影響で、橋の下も気にしてみる。

20091001_30.jpg

トマソンでいうところの「高所ドア」。

20091001_31.jpg

末広橋に到着。大久保通りが通っている。
西新宿を望む。

20091001_32.jpg

橋のたもとのお花屋さんが気になった。
自転車のパンク修理もしてくれるって。

20091001_33.jpg

さらに、

20091001_34.jpg

落語芸術協会指定店だって。芸協、近所にあるのかなと調べたら、
西新宿6丁目の芸能花伝舎(旧・淀橋第三小学校)の中だって。
そんなに近いわけでもないなあ。

で、ここは桃園川との合流地点でもある。

20091001_35.jpg

この後は桃園川暗渠を遡るのであった。
(つづく)


posted by えいはち at 17:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の地図上だと、なぜこの辺りが渋谷区なのか分かり難いですが、
田んぼを潤す水系の繋がりって名残なのでしょう、川の流路で考えると、氷川神社の氏子村で幡ヶ谷本村(本町)の一体感というのが理解できますね。
Posted by マツモト at 2009年10月01日 20:51
なるほど!
まず農作業を基にした共同体が生まれ、
同じカミの下、共同体が維持されてきたというのは自然な流れですね。
川(用水)と氏子域の関係も注目すべきことのようです。
Posted by えいはち at 2009年10月01日 21:24
ご紹介頂き有難うございます。
神田川笹塚支流は私も歩きましたが、代田橋付近から歩き続けていたので、なんとなく通り過ぎてしまいました。よく観察するとノスタルジックな風景が残っているんですね。この付近をもう一回ゆっくり歩きたくなってきました。

拙ブログよりこちらにリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by リバーサイド at 2009年10月01日 21:27
リバーサイドさん、ありがとうございます。
皆様のように体系的な情報は提供できませんので、
あくまで感覚的にお伝えさせていただきます。
日付が変わる頃「その2」(桃園川編)をアップできると思いますので、ご期待ください。
Posted by えいはち at 2009年10月01日 22:12
暗渠、実は私も好きなのです。

えいはちさんが歩かれたコース一部私も過去に歩きました。

その暗渠は山手通りの下を通り、方南通りの一つ南側手前の東京産業信用金庫(昔の名前です)の北側のマンションの北側を通って酒飲み地蔵尊辺りを通っているのじゃないかと推測しています。

そして今のオペラシティだった敷地内に明治時代のメモみたいな地図に「伊達様の泉」というのがあり、その流れが今のオペラ通りを横切り、セブンイレブンの南側階段下が暗渠になっています。
その途中暗渠沿いに女優の浦辺クメ子さんの家がありましたが、その道なりに行くとカネキ湯のあたりに出ます。
その道は南側は高くなっておりますので右にトンネルを
潜って行くとそれは酒飲み地蔵尊あたりに出るのではないかと推測します。

つまり源流はオペラシテイの下ではないかと推測
 
私も気になって来ました。そのうちに確かめてみたくなりました。

私、江戸時代、明治時代の大きな地図(とても大きくてひろげられない)を数枚持っていますので調べてみます。

それから、上野の西側あたりに「蛇みち」と言うくねくねした道がありますが。それは不忍池に注ぐ暗渠の道です。
Posted by さんごママ at 2009年10月02日 23:16
訂正します。
オペラシテイの源流は「出羽様」だった様な気がします。
少なくとも伊達様ではありません。
Posted by さんごママ at 2009年10月03日 00:04
さんごママさん、今回最初に歩いた神田川支流は仰るとおり、酒飲み地蔵尊脇を通っているものです。さらに遡れば天龍泉、中幡小学校に至ります。
セブンイレブンの南側、階段で降りていくところですね。浦辺粂子さんが住んでいらしたのですか。なぜかあそこに似合う気がします。
かねき湯もご存知でしたか。お宅からなら玉川湯と同じくらいの距離だと思います。マンション銭湯ですが一度どうぞ。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/82378996.html
「新宿文化絵図」の付録、「江戸・明治・現代重ね地図Vol.6淀橋−柏木・角筈−」で確認したところ、江戸期のオペラシティの場所には「松江藩(島根}松平出羽守定安 十六万八千石」と書いてあり、8780坪あったようです。正確にはオペラシティの位置は長楽寺という寺で、その隣の新国立劇場のところになりますが。で、もう少し描写が細かくなる明治期を見ると、今のデニーズ裏テニスコートのあたりに池があったのを確認できました。
Posted by えいはち at 2009年10月03日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。