2009年11月09日

11月6日の行動 渋谷の川&暗渠を行く その3 渋谷川、代官山アートラッシュ&恵比寿・新橋湯に寄る

渋谷駅のほど近く、稲荷橋の下から渋谷川は開渠となる。

20091106_53.jpg

両岸にはほとんど建物が並び川のすぐ脇を行ける道はない。
左岸の側には東京有数のメジャー道路、明治通りが続く。
なるべく裏通りっぽいほうを行きたいので右岸側へ。
東急東横線ガード脇をしばし歩く。

20091106_54.jpg

隣の金王橋から稲荷橋の下を覗く。暗渠出口は暗くてよくわからない。

20091106_55.jpg

ずんずん歩いていって、明治通りの交差点の名前にもなっている並木橋。

20091106_56.jpg

ここは「二重橋」になっていて、クルマが通る広いほうは新並木橋。

20091106_57.jpg

轟々と水音が聞こえる。

20091106_58.jpg

神田川沿いの落合水再生センターで高度処理された再生水がここから放流されている。
東京都による清流復活事業。

20091106_59.jpg

新並木橋からの道路をくぐるトンネル。

20091106_60.jpg

抜けると銭湯、さかえ湯。
行ったときの記事。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/95761433.html

20091106_61.jpg



渋谷清掃工場のふもとを行く。
区民菜園があった。

20091106_62.jpg

これも「渋谷区ふれあい植物センター」と同じように、清掃工場建設の見返りとして、
地域住民のために作られたものだろうか。

で、その「渋谷区ふれあい植物センター」。
ここも行ったときの記事。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/109886614.html

20091106_63.jpg

一旦渋谷川を離れ、代官山へ向かう。
JRを跨ぐ歩道橋を上がる。
都バス渋谷車庫&都営住宅。

20091106_64.jpg

JR&東横線。

20091106_65.jpg

坂を上り、劇団ひまわりを過ぎてちょっと行けば、
代官山アートラッシュ到着。
http://www.artsrush.jp/

元・ご近所の5*SEASONさん、東京人として最後の個展「さよなら。東京」以来、
http://ei8at12so.seesaa.net/article/109839238.html
およそ1年ぶり。

今回は5*(ごこめ)さん他数人の作家による、
ドクロとクロスをモチーフにした企画展『ドクロス展』。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~season5/infor/exhi.html

平日の昼下がり、他に客もなく、店主と2人でおしゃべりしながら作品鑑賞。
ごこめさんの小さなパステル画、5点、じっくり見る。

流れるような構図の、女性がドクロを抱く絵が最も気に入ったのだが、
たまたま5点のうちで一番高い値が付けられていた。
そんなこと店主に言ったら、「あれ?」という表情。
よくよく見ると、『You=cat&dog』というタイトルと絵の内容が一致しない。
犬と猫が描かれた絵は別にあるし。
店主、「間違えたかも…」とMac(やっぱりアート系だからね)を開いて確認。
やっぱり間違えていたようだ。
もしそのまんま売っちゃってたら…、危ない、危ない。
結果、僕が一番気に入った絵は値段ではナンバー2であった。

ごこめさんとは近所だったということお話したら、
店主は昔、十二社温泉にはよく行ったということ。
僕が知っているマンション地下の時代ではなく、
それより前のヘルスセンターだった頃。
僕は新宿歴史博物館で入手した資料でしか知らない。
過去記事に資料を撮った写真載せてある。
「サヨナラ、新宿十二社天然温泉」
http://ei8at12so.seesaa.net/article/116435385.html
近所の人が大広間でカラオケ大会とかやってたそうだ。

他の作家さんの作品もゆっくり見て、久々にアートに囲まれ、いい気分。
ただ、モチーフを思えば、
もう少し神話的、宗教的なものと絡めた作品が多ければ、より好みだったなあ。

そんなこんなで、おいとまする。
お気に入りのアートが買えるくらいの余裕、当分ないだろうな。

渋谷川沿いに戻る。
都バス渋谷車庫の塀沿いに行く。

20091106_66.jpg

古いバス停が置いてある。こういうのマニアに高く売れそうだが、
家の前とか置かれたらヤヤコシイことになるかも。

20091106_67.jpg

上は都営住宅。都の複合施設ってことになるのかな。

20091106_68.jpg

GO!! TOEI BUS

20091106_69.jpg

一旦、橋を渡って明治通りへ。そちらからの入口を見に行く。

20091106_70.jpg

バス停ポールが4本も立っている。何だコレ。

20091106_71.jpg

ああ、なるほど。

再び渋谷川右岸へ。
ほんの僅かだけど川沿いに道がある。

20091106_72.jpg

次の橋は庚申橋。なので傍らのこれも庚申塚かなと思ったら、

20091106_73.jpg

庚申橋供養碑だって。橋の供養碑。面白いなあ、日本のアニミズム。

20091106_74.jpg



恵比寿一丁目交差点で駒沢通りを横断。
公園があった。

20091106_75.jpg

タコのすべり台があるのでたこ公園と呼ばれているらしい。
公園からの橋を渡れば明治通りへ出られる。

20091106_76.jpg

曹洞宗台雲寺。この奥に墓地が見えた。

20091106_77.jpg

マンションの1階にあるようだが、マンション名は「サマリヤブラウンハウス」。
キリスト教&ユダヤ教っぽい。

恵比寿橋に着いたら川沿いをちょっと離れる。風呂屋へ。
この辺りは昔、お友達が住んでいたので、何度も来たことがある。
そのマンションを見に行ってみると、
当時は1階がフレンチの店だったが、コリアンになっていた。

その裏の道に新橋湯。

20091106_78.jpg

かなりレトロだけどちょっと変わってる。
脱衣所、坪庭はあるけど殺風景。
お風呂の高い天井、造り的には典型的昭和銭湯なんだけど、
オレンジ、グリーン、スカイブルーの太いストライプでペイントされ、
なんかサーカスのテントとかを思い出す。
普通は富士山が描かれているはずの正面壁面は、
色鮮やかな竹林の写真をプリントしたパネルとなっている。
いまいちよくわからないけど、面白い。

これで渋谷区銭湯全踏破まで残り2軒。



風呂上り、夕暮れの町を渋谷川に沿ってまた歩く。
しばらく行くと右岸の道はなくなったので橋を渡り明治通りへ。

天現寺橋到着。すっかり日も暮れた。

20091106_79.jpg

ここで渋谷川は笄川と合流し、古川と名前を変え、海へ。

交差点、歩道橋に上がる。

都立広尾病院。実はココが僕の生まれ故郷。こんな建物じゃなかっただろうけど。

20091106_80.jpg

東京タワーの先っちょが見える。

20091106_81.jpg

古川橋方面に下りて行くとバス停がある。
「品97」新宿駅西口行きに乗って帰宅。



今度は天現寺橋から海まで歩いてみようかな。
河口は浜崎橋のところなんで、
そのあと日の出桟橋から船乗ってお台場方面へ、とか。
posted by えいはち at 14:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石神井川の次は、渋谷川&古川を歩こうと思っていたので、とても参考になりました。
加えて宇田川や河骨川も制覇したいのですが、結構、奥が深そうですね。
Posted by リバーサイド at 2009年11月09日 21:25
新橋湯の天井は、なんであんな色なんでしょう。たこ公園の近くには、たこ公園商店街もありますね。
Posted by 与一 at 2009年11月09日 23:13
リバーサイドさん、ありがとうございます。
次回はこちらですか。楽しみです。
宇田川は支流が多そうですね。
Posted by えいはち at 2009年11月10日 09:43
与一さん、毎度どうも。
新橋湯の天井、やっぱりサーカス思い出しちゃいますよね。
脱衣所のほうの天井はなかなか凝ったデザインだったですが。
実は商店街の名前見て、たこ公園って知りました。

Posted by えいはち at 2009年11月10日 09:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。