2010年01月28日

河骨川上流部 その2

2つの源流の合流部からは判りやすい川跡の道が南へ続く。
辿っていくが、すぐ寄り道。
最初に普通の道と交差するところから東への坂道が気になって。

坂の途中にお店?

20100127_118.jpg

牛乳屋? でも「BONSAI ART」って。盆栽は?

20100127_119.jpg

その隣は自家焙煎珈琲豆屋らしい。
屋号は「焙煎工房 老婦人の夏」!

20100127_120.jpg

さらに坂を上ると、「切通しの坂」という標識。

20100127_121.jpg

よくよく見ると「岸田劉生が描いた切通しの坂」。
渋谷区教育委員会による説明。
画家岸田劉生は、大正三年(一九一四)から五年(一九一六)にかけて代々木に住んでいたので、このあたりを描写した作品がたくさんあります。そのうちの一点に名作「切通しの写生」(重要文化財)があり、大正四年(一九一五)に発表しました。
「切通しの写生」、正確には「道路と土手と塀(切通之写生)」は、
国立近代美術館所蔵。画像検索したら、見覚えある。
この坂、どこをどう切り通ししたのか、今、現地で見ても判りにくいが、
絵を見ると、崖を切り通して坂道にしたようだ。
その崖のほうも盛り土で整地したようにも見えるのだが。
この急峻な地形は、河骨川によるものなのだろうか。

坂を上りきったところは西参道、代々木三丁目交番前交差点。
豚骨ラーメン「道楽」がある、馴染みの場所。

川跡に戻る。

20100127_122.jpg

さてここからは、lotus62さんと写真がかなりカブってしまうのであった。
http://lotus62.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-2ae2.html

カブリその1、遺構。

20100127_123.jpg

カブリその2、lotus62さん命名、「直列型すばる座状マンホール」。

20100127_124.jpg

カブリその3、銭湯跡。

20100127_125.jpg

カブリその4、銭湯跡脇。

20100127_126.jpg

砂利混合コンクリ柱にミッキーマウス。

20100127_127.jpg

正面を見ようと脇を通る。貼紙の効果か、ゴミは散乱していない。

20100127_128.jpg

正面入口跡らしきところ。

20100127_129.jpg

lotus62さんの記事にコメントさせていただいたが、
この銭湯はウチの最寄だった「第二良の湯」と姉妹店の「第五良の湯」だったようだ。
廃業したのは「第二」よりこちらのほうが早いが、いまだに残っているのはなぜだろう。
「第二」はこちらと違って木造の典型的なレトロ銭湯であった。
廃業直後、廃墟徒然草さんの記事。
http://blog.goo.ne.jp/ruinsdiary/e/2834e4853d62051a5e36844321b86fb1

川跡に戻る。隣のアパート跡もなかなかスゴイ。

20100127_130.jpg

カブリその5、飲食店の裏。

20100127_131.jpg

表は参宮橋駅前の通りの中華屋、お好み焼き&もんじゃ屋。

20100127_132.jpg

小田急線に至る。

20100127_133.jpg

参宮橋駅脇の踏切へ。

20100127_134.jpg

HONDA@東京の水さんの記事によると、
http://tokyoriver.exblog.jp/13393914/
ここの建物が建て替えられ、線路を渡ったところの川の遺構が見やすくなったという。

20100127_135.jpg

建て替え前は小さな店が4、5軒並んでいた。
代々木競技場のプールに通っていた頃、帰りによく韓国家庭料理の店に寄って、
ボリュームたっぷりのチゲやプルコギ定食で、水泳後の空腹を満たした。
そのお店はもうない。
今ある「万豚記」も当時からあったが、もっと狭かった。
もう1軒はハンバーガー屋らしい。よく見ると「FUSSA」の文字が。福生?
調べてみたら「DEMODE BURGER」って、lotus62さんが福生で行ったところの姉妹店じゃないか。
http://lotus62.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-fe03.html
さらに、「万豚記」と同じ会社の経営なんだね。

河骨川のこの先は、以前の記事で。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/132291559.html

代々木4丁目、川跡と平行する別の道を歩いて帰宅。
オマケ、ウチの近くの「第二良の湯」跡には2軒のマンション。

20100127_136.jpg



起伏の激しさを気にしてあまり入り込まなかった代々木4丁目だったが、
河骨川跡が深い谷になっているってことを押さえておけば、
判りやすく楽に歩けるかもしれない。
代々木八幡神社方面への「縦走」も近々、と思う。
ラベル:散歩 代々木 暗渠
posted by えいはち at 12:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、渋谷川を書いていますが、このあと宇田川→河骨川と探索してみるつもりです。えいはちさんがいいタイミングで書いてくれました。HONDAさん、lotus62さんの記事とともに参考にさせていただきます。
本当は「春」の小川を狙っていたのですが、若干、時期が手前になりそうです。
Posted by リバーサイド at 2010年01月28日 20:38
参考にしていただけたら喜ばしいです。
まだ寒いですが、まあ、「暦の上では春」の小川ってことで、よろしいのでは。
Posted by えいはち at 2010年01月28日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。