2010年05月07日

5月1日の行動 明治神宮〜鳩森八幡〜千駄ヶ谷・鶴の湯

晴天続きの黄金週間だが、
完全オフ日になったのは、前の記事3つの4月29日のみ。
それでも他の日も昼間はヒマがあったので、
結構出かけて、半分休日みたいな過ごし方してた。
この日ものんびり散歩。

昼頃から外出。
十二社通りから西参道。まずは明治神宮へ向かう。
参宮橋渡ると、東京乗馬倶楽部。
そこから神宮の西門の間に、代々木ポニー公園というのがある。
かつての渋谷区立代々木公園(有名な代々木公園は都立)が改修されたここには、
その名のとおり、ポニーが飼われている。

20100501_01.jpg

時々無性に澄んだモノが見たいと思う。
澄んだ水がもちろん一番良いが、無垢な動物の澄んだ瞳というのもなかなか。

20100501_02.jpg

公園全景。

20100501_03.jpg

明治神宮境内へ。
あー、いい季節だなー。

20100501_04.jpg

宝物殿前芝生広場でしばしゴロゴロ。

20100501_05.jpg

広場を貫く小川には珍しく水が多く流れている。

20100501_06.jpg

コレの水源って自然の湧水なのかな。
この先にあるみたいだが、入れない。

20100501_07.jpg

清正井なんかよりこっちが気になる。

「ぼ」と「ど」はどこ行った?

20100501_08.jpg

池の水はかなり増えているようだった。
4月の多雨の影響だろうか。
畔の潅木はマングローブ状態。

20100501_09.jpg

北門から出て、北参道交差点から明治通りを南へ。
メーデーのデモ行進とすれ違う。

20100501_10.jpg

最近は祝日とかに開催するほうが「主流」みたいで、
連合系のほうは4月29日に行われていたようだが、
やっぱりメーデーは5月1日だぜ!という気骨のある労働者達…?

ずーっと行って、原宿駅、皇室専用ホーム。最近使われたことあるのかなあ。

20100501_11.jpg

その後、千駄ヶ谷、鳩森八幡神社へ。
ここには富士塚がある。

20100501_12.jpg

そのふもとのベンチでひと休みしてたら、
ハタチ前後くらいの若者のグループがワイワイガヤガヤやって来た。
10人以上いただろうか、全員男。学生かな。
で、ワイワイガヤガヤ富士塚に登っていった。
「お、ここ、パワースポットじゃねえ?」
「パワースポットだ、パワースポットだ」
「バカ、そりゃ明治神宮だろ」
「清正の井戸だろ」
「キヨマサって誰だよ」
「知らねえよ」
「ココもパワースポットだろ」
「じゃ、写真撮ろう」
「俺、(mixiの)ボイスにアップ」
「俺も、俺も」
「おう、みんなでカキコんじゃったら、ココ行列になるぞ」
「パワースポット、スゲエ」
などなど。
あー、うるさい。いつまでいるのかな、コイツら。
やがて、「じゃ、行く?」
「おう、次のパワースポット、どこだ?」
「とりあえず、行こう」
やっと境内に静寂が戻った。

かなり昔から聖地巡礼に魅せられ、結構行ってきたが、
今、パワースポットという名で、似て非なるブームになっているようだ。
聖地におけるゾクゾク感を何度も体感しているので、
以前は風水における「龍脈」とか「穴」とかと同じような感じで、
抵抗なく受け容れていた「パワースポット」という言葉だが、
どうやら馬鹿ワードに成り下がってしまったようだ。

改めて、富士塚登頂。

20100501_13.jpg

最後は鶴の湯。

20100501_14.jpg

何度か来ているレトロ銭湯。
番台も富士山のペンキ絵もあって完璧だけど、
さらに素晴らしいのはこの坪庭。

20100501_15.jpg

あー、いい湯であった。

20100501_16.jpg


posted by えいはち at 08:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こいのり! こも大会! 思わず笑いました。

宝物殿前の小川は、明治神宮が造られる以前からある湧水の川です。
幕末の古地図を見ても、井伊直弼邸の中をほぼ同じルートで流れ、北池も現在とほぼ同じです。
当時の庭園の地形がそのまま残っているのではないかと。
ってことはここ、パワースポットじゃねえ?(←殴)

上流の「入らぬこと」の林の周辺は、ぐしゅぐしゅの湿地状態ではありませんでした?
ああああああ、今つながりました。バードサンクチュアリ近くの新池もほぼそんな感じで湧いてます。

「パワースポット」は、どこだったかのフリーペーパー(不動産屋系?)でも特集されていたようです。
表紙しか見ませんでしたが、「うへー」って感じでしたねえ。
Posted by 庵魚堂 at 2010年05月07日 15:37
宝物館前の小川の水源、庵魚堂さんのおっしゃるような湿地からなんとなーく…だったと思います。

清正井、ちょっと前はだーれもいなかったんですがねぇ。
流行ってる?と聞いてもピンと来ません(苦笑)

で、パワースポットって、場所の持つ静謐さとほど遠いイメージの言葉ですね。

鶴の湯、入ったことがないので、今度入ってみたいと思います。
Posted by マツモト at 2010年05月07日 17:45
この小川、けっこう季節により水の増減がありますよね。ほとんど枯れてるときもあるし。かなり浅いところに滞水層があるんでしょうね。
Posted by HONDA@東京の水 at 2010年05月07日 23:01
若者の会話のやりとり、笑えました。

清正を知らないとは・・・ああ嘆かわしい。
この分じゃ、清正を知らないで清正井に
並んでいる奴もかなりいそうですね。

まだ、清正井、並んでいるのでしょうか。
私が取り上げたのは1月ごろでしたが、
アクセスログを見ると、まだキーワード検索の上位に入っています。
あそこの支流探索したいのに・・・
Posted by リバーサイド at 2010年05月08日 01:31
庵魚堂さん、
ねー、「鯉乗り大会@コモ(イタリア)」じゃないんだから、
ちゃんとしないと子供がかわいそうです(子供も笑ってるかな?)。

小川も池も昔のままなんですか。
じゃ、やっぱり、パワースポットじゃねえ?(←殴、再)
で、イイナオ…ナントカって誰よ?(←蹴)

「入らぬこと」のあたりは普通の林なんですが、その先には窪地が見えました。
そこから湧いてるんでしょうね。見たいなあ。

フリーペーパー、今日見かけました。
上戸彩ちゃんが表紙だったような。
Posted by えいはち at 2010年05月08日 01:50
マツモトさん、お帰りなさいませ。
神宮にはずいぶん昔から通ってますが、
清正井のある御苑にはまだ入ったことありません。
パワースポットブームもいずれは終わるでしょうから、
それからでもいいやと思ってます。

鶴の湯、氏神様お参りのついでにでも是非。
そうそう、奥の湯もお忘れなく。
この2軒は内装が似てて、興味深いです。
Posted by えいはち at 2010年05月08日 02:01
HONDAさん、
小川はほとんど枯れてるときのほうが見慣れてます。
今思うと、それも自然な姿なんでしょうか。
Posted by えいはち at 2010年05月08日 02:10
リバーサイドさん、
清正を知らずに並んでる人、いると思います。
ヘタしたら、明治神宮に誰が祀られているのかも知らないかも。
Posted by えいはち at 2010年05月08日 02:27
皇室専用ホームは多分、ルクセンブルク大公がお越しの際に使った記憶がありますね、これが最後かなと
通常東京駅から乗車されますのでここを使うことはほとんどないようですね
昔、昭和天皇をここで拝見しました

神社仏閣は騒ぐ場所じゃないのに
そのうちパワースポット(笑)なんて言われるかも
Posted by おさむかな at 2010年05月10日 10:52
皇居からなら東京駅のほうが近いですもんねえ。
東宮御所からならこっちのほうが近いかも。
昨夜OAされた「モヤモヤさまぁ〜ず」で、この富士塚登ってたので、笑いました。
Posted by えいはち at 2010年05月10日 16:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。