2010年06月07日

味薄め、麺柔らかめ→いつもの

何度か紹介してる南新宿駅すぐ近くの横浜家系ラーメンの店「麒麟」。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/131642006.html
http://ei8at12so.seesaa.net/article/142224830.html
http://ei8at12so.seesaa.net/article/144590356.html
家系ラーメンのお約束、「お好み」は、
味薄め、麺柔らかめでお願いしている。

家系の他のお店、
代々木の「らすた」や幡ヶ谷の「武蔵家」などでも同じ頼み方しているが、
まだ味は濃いし、麺も固め。
ちょうどいいのはココのみ。
行動範囲内ということもあり、最近は週1〜2回くらい通っていた。

兄さんが2人交替でお店に立ってられるのだが、すっかり覚えられてしまった。
2人の間で「薄め、柔らかめの人、よく来るね」と話題にもなっていたそうである。
そういう「お好み」は少数派のようなので、より記憶に残るのだろう。

というわけで、ついに「いつもの」で通じるようになった、というお話。

posted by えいはち at 16:37| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここも、ソルタナも
結局一度も行けずじまいです。

原宿駅前のせい家は以前良く行ったんですが…。
Posted by マツモト at 2010年06月10日 15:24
今日
広尾商店街でラーメン食べました。
味噌味がお得意のようでしたが、
あえて醤油味にしました。
細麺で美味しかった。
広尾湯の近くの「太楼」
Posted by さんごママ at 2010年06月10日 23:50
マツモトさん、一度くらいは…ダメですか。
「半玉」というのもありますよ。
もちろん強くオススメはできませんが。
せい家、原宿が本店でしたか。
千歳烏山で見かけたことがあるので、
次にそっち経由でSPA成城行くとき食べてみようと思ってました。
Posted by えいはち at 2010年06月11日 08:03
さんごママさん、「太楼」見覚えあります。
中華屋さんみたいですね。
広尾なのにB級っぽくて良さそう。
Posted by えいはち at 2010年06月11日 08:21
広尾程庶民的な街はありませんよ、
表通りはお洒落ですが一歩路地に入ると
もう木造しもた屋、肩をかしげないと通れないほどの路地がくねくねと、そして明治大正昭和のかをりふんぷん、

地域はおせっかい(違った)世話好きな御近所さんが住んでいます。典型的な門前町です。
お寺はさながら大家、と言えば親も同然の関係のようです。
裏路地のしもた屋に住むのも面白いかも、
Posted by さんごママ at 2010年06月12日 14:08
>広尾程庶民的な街はありませんよ
そう、実はそうなんですよね。
僕の生まれ故郷でもありますし、
地方出身者が勝手にセレブ向きにしやがって、
という思いもあります。
Posted by えいはち at 2010年06月13日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152517387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。