2010年10月29日

10月27日の行動 豪徳寺〜明大前散歩 その2 北沢川・松原赤堤支流&菅原神社

世田谷、赤堤総鎮守六所神社から東急世田谷線沿いに北へ向かう。
松原駅を越えると、誰もが目を留めてしまう光景。
以前の自分も、
http://ei8at12so.seesaa.net/article/116090494.html
ろーたすさんも。
http://lotus62.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-25cd.html
アメリカンスタイルの列車が突っ込んだようなマンション。

20101027_21.jpg

よくよく見てみると、中央部分に書いてあるのはこの列車の行先なのだろうか。
「Santa Fe」。
およそ20年前のある朝、なにげなく朝刊を開き、頁をめくっていき、
全面広告で宮沢りえの全裸が載っていたのを見たときの、
あの衝撃が蘇ってきてしまった。

ドロップシャドウ。

20101027_22.jpg

そういえば最近、Fireworksとか全然イジってないなあ。
というか、ウチにあるアプリケーションなんて化石級のばかりだけどね。
Photoshop7とかIllustrator10とか。FireworksだってMacromediaの頃のだし。

世田谷線沿いの僅かな開渠水路。なぜか脇の道は未舗装。

20101027_23.jpg

ココは先のろーたすさんの記事や、
庵魚堂さんの記事で、
http://tanken.life.coocan.jp/setagaya/kz-akatutumi.html
「北沢川・松原赤堤支流」として紹介されている。
前の記事の小さな鉄橋やその先の道のヘンな歩道を経て、
北沢川に合流するらしい。

線路沿いの道をくぐって東へ。

20101027_24.jpg

こんなかんじのところを入って行く。

20101027_25.jpg

でもすぐに暗渠になっちゃう。

20101027_26.jpg

一般道と交差するところには、こんなクルマ止め。
コレだと自転車の暴走も防げるだろう。

20101027_27.jpg

某教団教祖兼政党総裁のポスターが沢山。
こんなところに貼って効果あるのかなあ?

20101027_28.jpg

コンクリ塀の向こうは駐車場。
暗渠道でよく遭遇する光景。オレンジ色の果実はカラスウリかな?

20101027_29.jpg

はい、いかにも暗渠道っぽい護岸。

20101027_30.jpg

一般道と交差して終わり。

20101027_31.jpg

続きはフェンスで覆われて行けないが、蓋暗渠。

20101027_32.jpg

並行する道を行ってみる。
この先はこの蛇行する道が川跡らしい。

20101027_33.jpg

川跡を離れここから東へ。
萎れた向日葵が1本だけ立つ空き地の脇を行く。

20101027_34.jpg

しばらく行くと菅原神社。

20101027_35.jpg

ココも事前にこの辺りを地図見てたときに見つけた。
菅原=道真公だろうから、天神社、北野神社と同じと考えてよいのだろう。

さて、最近特に気にしだした、明治政府から与えられた社格の扱い。
以前の記事、祖師谷神明社の「村社」が消されていたのを見てからなのだが、
http://ei8at12so.seesaa.net/article/165259451.html
ココのはハッキリ「村社」が読める。

20101027_36.jpg

しかし近づいてよく見ると、「村社」のところにはなんか詰めてあって、
消そうとした意図がうかがえるのだけど、詰めた素材のせいで、
ますますハッキリ読めちゃうという…なんだかなあ、である。

それはともかく、入ってすぐ脇にあるコレはなんだ?

20101027_37.jpg

車輪が置いてある。車祓所?
いや、ココにクルマ入れるのはムリっぽい。
後で調べたら絵馬殿らしい。

社殿。

20101027_38.jpg

よくあるぶら下がっている大きな鈴ではなく、
手にとって鳴らす小さな鈴が複数並ぶ。

20101027_39.jpg

梅同様、天神様と縁深い牛。

20101027_40.jpg

元々この地には寺小屋があったそうで、
それゆえ学問の神様、菅原道真公が祭られたようだ。



この後は東へ。
(つづく)
posted by えいはち at 14:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
牛ですね〜。しかも、撫で牛!
なるほど〜、説明板までのっけてもらって、勉強になりましたです。”縁が深い”って、いろんなあり方があるもんですねえ。
Posted by nama at 2010年10月29日 16:37
そういえば牛天神にもなんかあったなあと、
調べてみたら、あちらのはなんとなく牛っぽい自然石でした。
それは撮ってませんが、牛天神周辺の景色はコチラでどうぞ。
http://ei8at12so.sakura.ne.jp/2008/12/135.html
Posted by えいはち at 2010年10月29日 17:05
ああー、辿った道思い出してきましたーw
菅原神社ってのは知りませんでした。ずいぶん立派で朱色の目立つ社殿なんですね。
Posted by lotus62 at 2010年10月29日 18:36
ああ、ご近所がいっぱい載っているー!と思いながら
読ませていただきました(笑)

幼稚園の古い建物は…
絵画教室?か何かに使われていたのではないかと思いますが
もう随分前のことなのでほとんど覚えていないです。
Posted by のゆ at 2010年10月30日 05:16
ろーたすさん、
やっぱり真っ直ぐだったのでは。
菅原神社、各地にあるみたいですが、僕も今回初めてでした。
Posted by えいはち at 2010年10月30日 08:50
のゆさん、
行きましたよー。
幼稚園のあそこ、覚えてませんか。
でも、随分前って言っても15年くらいでしょ?
この辺り、これからもちょくちょく行きたいと思います。
Posted by えいはち at 2010年10月30日 08:56
やっぱり埋めて消してますよねえ“村社”。
詰めたものが痩せた上、変色しちゃってますけど、かつてはこれでも十分消えてた‥‥のではないかと。
だとしたらですけど、この激しい痩せ方、かなり粗雑な造りのセメントってことになりますね。

ぜんぜん関係ないですけど、神社めぐりでは葛飾も面白かったですが、もしかしたら既にご存知でしょうか。
立石熊野神社と立石祠は絶対オススメです。
Posted by 庵魚堂 at 2010年11月02日 19:15
庵魚堂さん、
なんで新しいのを立てないのかなとも思います。
まさか社格制度復活を諦めてないとか。
立石、面白そうですね。遠いので行ったことないです。
祠なんか、それこそなんか出てきそうです。
Posted by えいはち at 2010年11月02日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。