2010年11月15日

11月7日の行動 その1 荻窪〜阿佐ヶ谷南、猿田彦神社〜桃園川跡

前の記事とは順序が逆になったが、先々週の日曜のこと。
で、前の記事と同様、タモリさんの番組がキッカケとなった散歩。
ウチのHDDレコーダーの中にはだいぶ前の「タモリ倶楽部」とかが残っている。
昨年6月OAの、
「動かせないモノなんて何も無い!“曳家”完全中継 in阿佐ヶ谷神明宮」
というのを見直した。
阿佐ヶ谷神明宮は元からかなり大きな神社だったようだが、
北側に隣接していた駐車場とアパート跡の土地を購入することができたので、
それまで拝殿とくっついていて参拝者から見難かった神明造りの本殿を、
後ろにずらすことにしたということ。
工事完了後の模型によると、まさに伊勢神宮のような雰囲気に生まれ変わる。
そのための曳家、つまり建物を基礎ごと持ち上げレールに乗せて移動する、
その様子を番組で紹介していたのであった。

工事は昨年10月に完了しているということなので、見に行ってみようと思った。
で、周辺を地図で見ていたら、阿佐ヶ谷南に猿田彦神社を発見。
Wikiより。
日本神話によれば、猿田彦神はニニギの天降りの先導を終えた後、伊勢の五十鈴川の川上に鎮まった。倭姫命世記によれば、その子孫の大田命は天照大神を祀る地として倭姫命に五十鈴川川上の地を献上した。

まず猿田彦神社、それから桃園川跡を五十鈴川に見立てて歩き、神明宮へ、
というバーチャルお伊勢参り@阿佐ヶ谷、ということで行ってみよう。

猿田彦神社の最寄は丸の内線新高円寺駅。
西新宿駅から乗って行ったが、通り越し終点の荻窪まで行っちゃう。
2駅先だが、お昼時だったのでやっぱり「餃子の満洲」に行きたいので。
ラーメン&餃子。
ブログのお仲間にもだんだん満洲ファンが増えてきたが、
最もスゴイのが与一さん。
http://blogs.yahoo.co.jp/yo_i_chi101/folder/1606995.html
何店舗行かれたかな。で、一貫してW餃子定食半ライス。

荻窪駅南口前を通り過ぎ青梅街道へ出るちょっと前の横道に、
ステキな光景が見えたので、そっちへ向かう。
こんな建物。

20101107_01.jpg

右から左の横書きで「西郊ロッヂング」の文字。
有名な物件なのだろう。どこかのサイトで過去に見たような記憶もチラッとある。

20101107_02.jpg

看板には「旅館 西郊」とあるが、後で調べたところ、
「ロッヂング」の部分は賃貸住宅になっているそうだ。
確かにそれらしい玄関があった。
旅館はその横。こちらもなかなかの風情。

20101107_03.jpg

クローズアップ。

20101107_04.jpg

青梅街道へ。
ずーっと歩いていく。
こういう商売は今でも成り立っているのだろうか。ちなみに向かいはNTTだった。

20101107_05.jpg

ジョナサンの角を折れ、ちょっと行くと猿田彦神社。

20101107_06.jpg

写真を撮っていたら、郵便物を取りに出た向かいの家の爺様が話しかけてきた。
「これはね、大和(奈良)が元なんですよ」と仰るが、
由来書きには鈴鹿の椿大神社からの勧請と書いてある。
再びWikiより。
全国約2千社の猿田彦大神を祀る神社の総本社「地祗猿田彦大本宮」は鈴鹿市の椿大神社ということになっている(昭和10年内務省神社局調査)。
椿大神社の宮司は山本という姓で、猿田彦神社の宮司は宇治土公(うじとこ)という姓である。どちらも猿田彦神・大田命の直系の子孫であると主張している。『倭姫命世記』によれば宇治土公家こそ猿田彦大神の直系の子孫とされており、猿田彦神社が神宮内宮の近くにあることや、猿田彦大神を祀る各地の神社で椿大神社とつながりのある神社は少数しか存在しないことから猿田彦神社が猿田彦神を祀る神社の総本社と考える者も多い。(「椿大明神」を祭る「椿神社」は全国各地に存在している)


爺様はまた、「ここは元々天理教があったんですよ」とも。
神社右手のこちらを見ると、「太道教本部」とあった。

20101107_07.jpg

太道教を調べたところ、天理教から1940年に派生した教派神道のひとつらしい。
するとここの猿田彦神社と神社本庁との関係はどうなっているのだろうか。

そこの道を真っ直ぐ北へ。
杉並六小の手前、ほとんど消えちゃってる杉並の暗渠サイン「金太郎」に遭遇。

20101107_08.jpg

天保新堀用水らしい。今回は辿らず。

さらに北へ。旧馬橋で桃園川跡にぶつかる。
誰だ、ヘルシア緑茶置きっぱなしにしたヤツ。お前は絶対痩せられないぞ。

20101107_09.jpg

桃園川跡を遡っていく。
夏に阿佐ヶ谷けやき公園プールから下って行ったところ。
http://ei8at12so.seesaa.net/article/159584204.html

けやき公園から上流へは今回初めて。

20101107_10.jpg

モジャモジャの建物は河北総合病院。

20101107_11.jpg

ピッタリ。でも成長したら?

20101107_12.jpg

暗渠さんぽを始めたばかりのnamaさんが「支流祭り」と書かれていたあたりかな。
http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/2009/08/post-ae75.html
いずれ探索してみたい。

20101107_13.jpg

本流は左手なのだが、ココは入って行きたいので入る。

20101107_14.jpg

namaさんの先の記事やリバーサイドさんの記事でも紹介されていた、
http://pub.ne.jp/sktk4a/?entry_id=2572739
「卯の木遊歩道」。

20101107_15.jpg

20101107_16.jpg

この荒削り感がいいねえ。

20101107_17.jpg

20101107_18.jpg

20101107_19.jpg

20101107_20.jpg

20101107_21.jpg

こんなところに出ちゃう。
支流跡だったのだろうけど、正面の駐車場になにか水源があったのだろうか。

20101107_22.jpg

すぐ脇が阿佐ヶ谷駅から真っ直ぐ北へ延びる中杉通り。
出て、駅方面へ向かう。
途中、桃園川本流跡の道と交差。「桃園川探検隊」の案内板がある。

20101107_23.jpg

もうちょい行けば神明宮。
(つづく)
posted by えいはち at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うぼぁー、わたしもこの日、阿佐ヶ谷行ってたんですよー!!いま待機中の記事で、今週中にはあげる予定なんですけど、最近阿佐ヶ谷づいてました。
それと、
・そのタモリ倶楽部はわたしもよく覚えてます。ずいぶんキレイで、立派になってましたよね。そして神明宮のトイレを拝借しようとして、やはりその日神明宮行きました。・・・夜なのでもう閉まってましたけど。
・リンクありがとうございました。
・卯の木遊歩道の流れの水源ですが、桃園川師匠をもってしてもここは謎みたいです。駐車場付近に池?とか、たしか同様の推測されてた気がします(あやふや)。
・そして、与一さん、すごいですww

箇条書きにしてしまいました。
Posted by nama at 2010年11月16日 15:25
桃園川支流祭り地帯とか商店街とか阿佐ヶ谷まだまだ楽しめそうです。
与一さんってスゴイんですよ。風呂屋とカレー屋の情報でもお世話になってます。
Posted by えいはち at 2010年11月16日 19:17
こんにちはーimakenです。
私もいま高円寺-阿佐ヶ谷の南側にハマっていて、電車時の帰宅のときで時間が許せば新中野から阿佐ヶ谷まで歩きor走り(もどき)してます。
まだ阿佐ヶ谷までですが、荻窪まで足を伸ばした〜いって思ってます。
「西郊ロッヂング」ヲヲなんて素敵なんだ!!惚れましたー。
Posted by imakenpress at 2010年11月27日 11:42
なぜか阿佐ヶ谷ブームですね。
「西郊ロッヂング」、イイでしょ。
見に行かれてくださいまし。
Posted by えいはち at 2010年11月27日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169530707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。