2010年11月16日

11月7日の行動 その2 阿佐谷神明宮、世尊院

神明宮に到着。

20101107_24.jpg

入って右手に能楽殿。
「タモリ倶楽部」(前記事参照)でも宮司さんが語っておられたが、
今回の整備で新たに作られたもの。

20101107_25.jpg

神門を通ると拝殿。
七五三の家族連れも多い。

20101107_26.jpg

拝殿の向こう、白砂利が敷き詰められた場に本殿。

20101107_27.jpg

うーん、厳かな雰囲気。
曳家しただけのことはある。
中央の正殿に主祭神アマテラス、東にツクヨミ、西にスサノオと、
黄泉の国から逃げ帰ったイザナギが禊をしたときに生まれた三神が祀られている。
神社のパンフによると、この「三貴子」を祀る社は全国的にも希少ということ。
日本神話でひときわメジャーな三姉弟なのに、なんか意外だねえ。

20101107_28.jpg

さて、ここでも千木をチェック。
なんと三殿とも内削ぎであった。
中央は女神アマテラスなんで納得だが、両脇は男神なのに。
なんでも例外はあるもんだが、デザインの統一を優先させたのだろうか。

やはり「タモリ倶楽部」での宮司さんの話では、
御神体は「男根の形の石」だそうだ。
それにアマテラスが…。ふーん。
ちなみに、それが納められてる箱の鍵をなくしてしまい、
現・宮司は御神体を見たことないとか。

拝殿脇には祈祷殿というところがあり、そちらには豊受大神も祀られている。
伊勢の内宮、外宮の神が揃っておられるわけだ。

阿佐ヶ谷南の猿田彦神社を訪れてからここに来たが、
ここにも猿田彦を祀る祠がある。
石柱とゴロッとした石には何やら文字が刻まれている。古いものらしい。

20101107_29.jpg

能楽殿前のベンチに座って休んでいると、婚礼が始まった。
七五三の晴れ着の女の子も写ってる。

20101107_30.jpg

スピーカーから雅楽が流れる。
一般的な神社だと、正殿とかで行われると思うのだけど、
ここみたいに「本格的」な造りだと、そのスペースはない。
ゆえにここで三々九度、指輪交換を済ませた後、神前に向かうという流れのようだ。
この辺りにも神前結婚式というものの歴史の浅さが伺えて興味深い。
それはともかく、どこのどなたか存じませぬが、御結婚おめでとうございます。

神明宮を出て、隣の、世尊院へ。

20101107_31.jpg

真言宗。ご本尊は不動明王。

凛々しい弘法大師像。北村西望の作風と似てるような。

20101107_32.jpg

お寺前の歩道橋で中杉通りを渡る。
桃園川が作った谷がよく分かる。
その「浅い谷」が阿佐ヶ谷の地名の由来だと、
タモリさんも番組冒頭で言っていた。

20101107_33.jpg

道を挟んだところにある観世音堂。

20101107_34.jpg

駅方面へ向かう。阿佐谷児童館の裏。
時々思うけど、こういうところの著作権とかってどうなってるのかな。
やなせたかしさんは新宿区名誉区民なんで新宿区の施設ならOKになるかも。
でもココは杉並区。
まあこんなに完成度高いってことは既製品なのかな。

20101107_35.jpg

隣。塀で囲まれ鬱蒼とした林のある広い敷地。
鳥居の絵はあるが立小便除けだろう。神社ではない。

20101107_36.jpg

ぐるーっと正面に回るとこんな感じ。
地図ではなにやら商事会社(有限)と書いてあるがとてもそうは見えない。
この辺りの大地主のお屋敷だろうか。会社は不動産管理のため、とか。

20101107_37.jpg

その向かいに「日本共産党杉並地区委員会」。
見事な錆びれっぷり。元・古書店らしい。

20101107_38.jpg

駅はすぐそこ。ココも水路跡らしい。

20101107_39.jpg

ボッコボコのクルマ。

20101107_40.jpg

阿佐ヶ谷駅ホームから。
グリーンの巨大な箱の下では大規模な工事中。
namaさんの潜入レポート。
http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/2010/10/post-9db7.html

20101107_41.jpg

中央線で帰宅。

阿佐ヶ谷でバーチャルお伊勢参り。
桃園川跡を遡ってるときは五十鈴川を泳ぐ魚になった気分。
というわけで最後にホンモノの五十鈴川(12年前撮影)。

isuzugawa.jpg

キレイだねえ。
posted by えいはち at 11:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連投失礼します。
共産党〜の裏側に回ると、そこにも桃園川のマップがあるの、気づかれました?あの一角は空気が不思議です。
それから・・・、この記事を読んで初めて、「阿佐ヶ谷でお伊勢参り」の視点を得ました。(神社のこと等まだよくわかってないですけどw)ふむむー面白いです。それにしても、本物の五十鈴川ってこんなにキレイだったのですか。4年くらい前に伊勢神宮に行きましたが、わたしの感想は「赤福ぜんざいを食べなかった、くやしい」とか「とうふソフトが意外と美味しかった」とかばかりでした・・・。川に反応してませんでしたよ。とほほ。
Posted by nama at 2010年11月16日 15:37
こっちの桃園川マップはけやき公園プールに行ったときに見ました。
富士塚とか御府内八十八ヶ所とか、聖地のコピーって昔からありますが、自分で勝手に思い込むのもアリかなと。面白そうでしょ。
で、赤福ぜんざいととうふソフト? 僕は伊勢うどんと手こね寿司でしたけどねえ。あ、あと宿から電車乗って松阪でステーキも。
Posted by えいはち at 2010年11月16日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169575943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。