2011年02月11日

1月23日の行動 隅田川の両岸で川から川へ川跡を辿る その2(東岸) 六間堀&五間堀跡

清洲橋で隅田川を渡ればそこは江(かわ)の東、江東区。
北へ向かうと隅田川に注ぐ支流(というか人造の運河らしい)、小名木川。
最も隅田川寄りに架かる萬年橋を渡る。
袂に芭蕉の句、「古池や蛙飛びこむ水の音」チャポン。

20110123_36.jpg

渡ったところは芭蕉縁の地。
芭蕉庵跡の芭蕉稲荷神社。

20110123_37.jpg

隅田川寄りに「おできの神様」正木稲荷神社。

20110123_38.jpg

小名木川と隅田川合流点、角に芭蕉記念館分館。
その上が公園みたいになってて、芭蕉像もある。

20110123_39.jpg

前記事にも書いたが最寄り駅が森下のこの辺りはだいぶ馴染みがある。
短い期間だったが勤めていたことがあったので。
この芭蕉エリアへも昼休みに散策などで来ていた。
10年くらい前のこと。

やはり未踏ではない小名木川沿いの遊歩道へ。
水門手前、右手の人家の辺りが六間堀跡らしい。

20110123_40.jpg

ここで明らかに不自然に、フェンスから身を乗り出すように、
家並みをジロジロと見ていたら、ちょうどそのうち1軒の御主人が通りかかり、
いぶかしげに「ウチになんかご用ですか!」と声掛けられてしまった。
ひえ〜、申し訳ない。
とっさに「ここって昔、川だったのでしょうか?」と訊くと、
僕と同じくらいの年頃の御主人、「そうですよ」と、警戒心取っ払い、
フレンドリーにいろいろ教えてくれた。ありがとうございます。

御主人とお別れし、六間堀跡に沿って北へ向かう。
この堀跡、前記事前半の浜町川跡のように真ん中に通れる道はなく、
背中合わせに建物が建ち並んでる。
なので一見、普通の道。
ただし、この辺り、東西南北真っ直ぐの道が多い中、
堀跡に沿った道だけはちょっと斜めに走っている。

川跡沿いにはあることが多い材木屋。

20110123_41.jpg

元祖、深川めしの店「割烹みや古」。

20110123_42.jpg

お昼は行列出来てるので入ったことはなかった。
深川めしは当時の職場の近所の居酒屋ランチでよく食べた。

北に向かうと新大橋通り。
六間堀跡にちょうど歩道橋が架かっている。
渡った向こうには公園。

20110123_43.jpg

公園の奥からは堀跡の真ん中を通る細道がある。

20110123_44.jpg

お、火事でもあったか?

20110123_45.jpg

すぐに五間堀跡との分岐点(右手)。
まずは六間堀跡をそのまま進む(正面)。

20110123_46.jpg

それまではわずかに東寄りだったが、
分岐後はわずかに西寄りで北へ。

20110123_47.jpg

下町っぽい風景。

20110123_48.jpg

最後は私有地になっちゃってる。

20110123_49.jpg


堀跡は竪川に接続。橋上から。川の向こうは両国。

20110123_50.jpg

水門や排水口などは見えない。船の陰にも無さそう。
護岸上にはなにやらコンクリ柱が。

20110123_51.jpg

次は五間堀跡を目指し、戻るのだが、先程の真ん中の細道ではなく、
沿った道を行ってみる。
三保ヶ関部屋があった。この日は初場所千秋楽打ち上げだったらしい。
最近いろいろ大変だろうなあ。

20110123_52.jpg

六間堀&五間堀分岐点に戻ってきた。小さな公園になっている。

20110123_53.jpg

五間堀跡真ん中には道はないので沿った道を行く。
清澄通りと交差するところが弥勒寺橋跡。

20110123_54.jpg

堀跡に軒を連ねる飲食店。

20110123_55.jpg

清澄通りの向こうには森下駅や駐輪場の出入口。その向こうは公園。

20110123_56.jpg

公園内にあった五間堀の説明。

20110123_57.jpg

六間堀から分岐し東(やや北)へちょと行き、
いきなりほぼ直角に南(やや東)に曲がる(江東区と墨田区の区境でもある)。
その曲がりっ鼻あたりにあった銭湯「大正湯」。次回は入りたい。

20110123_58.jpg

で、南へ行くとまた新大橋通りに出る。
そこの公園にあったトイレの壁。
五間堀や橋が描かれている。

20110123_59.jpg

新大橋通りはそこだけだいぶ盛り上がっている。橋跡らしい。
普段、川跡を辿るときは低い土地を目指していくものだが、
土地が低い下町では盛り上がっているところが目印になるようだ。

堀跡はやや東よりで南下していったようだが、いまいちよく判らず、
新大橋通りを渡ってからは真南に進んでしまった。

小名木川を渡る清澄通りの橋、高橋(たかばし)、
その袂から続く商店街「のらくロード」。
「のらくろ」の田河水泡縁の地らしい。

20110123_60.jpg

ココも何度か来ている。
有名なナポリピッツァの店とかもある。
ピッツァの本場がナポリってことで東京ではナポリピッツァの店は多くあるようだが、
ナポリは行ったことないのでナポリピッツァは馴染みがない。
ローマとかで味わったようなピッツァが食べたいなあ。

そのまま小名木川へ。

20110123_61.jpg

橋の袂になぜかシーラカンス。

20110123_62.jpg

「のらくロード」に戻る。アーケードの上に「ゲルニカ」!

20110123_63.jpg

その下、なにやら主張している。

20110123_64.jpg

時刻は午後5時前だったが小腹もへったし、なんか食べて帰ろう。
「のらくロード」の何度か行ったラーメン屋さんは見当たらない。
閉店しちゃったのかな。
清澄通りを北へ。森下の交差点。
安くてなかなか美味い回転寿司があったのだが、

20110123_65.jpg

とりあえず営業はしていない模様。
看板などだいぶ色あせている。
中を覗くと、椅子はすべてカウンターの上。
貼ってあったカレンダーは数年前のもの。
ココも閉店かあ。
マグロのヅケとか美味かったのになあ。

そこでココも何度か行ったハンバーグの店「モンブラン」に入る。

20110123_66.jpg

とろーっとチーズがたっぷり乗ったオランダ風ハンバーグ、
ライスセットつけて千数百円。
結構メディアでも紹介されている下町グルメの有名店だが、
値段を考えると、正直そんなかなあ、とも思う。
美味しいけどね。



五間堀跡、途中でルート間違えたし、「大正湯」にも入りたいので、
森下散歩、また行くかも。
posted by えいはち at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185402306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。