2007年06月04日

6月2日の行動 小金井公園、江戸東京たてもの園〜国分寺、お鷹の道・真姿の池湧水群

6月になってしまった。
ぐるっとパスの有効期限が7月の始めまでなので、
梅雨に入る前に行っておきたかった、都立小金井公園内の江戸東京たてもの園へ行く。
計画ではその後、国分寺の湧水群を見て、
府中まで行き、やはりぐるっとパスを使って府中市美術館、というつもりだった。

小金井はちょっと遠いので行きは電車を利用。
その前に遅めの朝食。西新宿7丁目、小滝橋通り近くの東京麺通団で讃岐うどん。

西武新宿駅で自転車折りたたみ、輪行袋に詰め込み、急行電車で花小金井駅まで。
自転車出して、グリーンロードという緑溢れる遊歩道を行く。
どんどん走り、雑草の草いきれがむんむんしてきたころ、
小金井公園への案内板を見つけ、進路変更。
小金井公園に入って行き、広さと緑の多さにびっくり。
代々木公園など目じゃない。さすが郊外。

公園内を走り、江戸東京たてもの園へ。
江戸東京博物館の分館で歴史的建造物を移築保存してある。
古い建物好きとしては一度は訪れたいところ。

ぐるっとパスで入場。
一軒目の三井のお屋敷からテンションぐんぐん上がる。
昔、明治村に行った時のノリで写真撮りまくる。
それも昔と違ってフィルム切れの心配のないデジカメである。
120枚以上撮ってしまった。
セレクトして「写真館」のほうに近日中にアップするつもり。
なのでここではごくごく一部のみ。

20070602_0001.jpg

新富町にあったという上村邸(なんでダヴィデの星?)。
関東大震災後によく建てられた、建物前面を銅板で覆った「看板建築」と呼ばれる様式。
僕が神田須田町で勤めてた頃、職場の近所にも結構あった。

20070602_0002.jpg

「ナハ」じゃなくて「ハナ」。淡路町の花屋さん。奥は神保町の荒物屋さん。

20070602_0003.jpg

須田町の文房具屋さん。神田が多いね。

20070602_0004.jpg

白金の北里大の近くにあったという小寺醤油店。
記憶はないんだけど、幼い頃の僕と両親はその近所に住んでいた。
なので、実家の母親に「この建物知ってる?」と訊いたら、懐かしがっていた。

20070602_0005.jpg

アンティークなレジスター。

20070602_0006.jpg

見事な唐破風造りの銭湯、千住・子宝湯。

20070602_0007.jpg

脱衣所。ロッカーなんてなかったんだなあ。

20070602_0008.jpg

天井の扇風機以上に「貝専門店」って気になる。

20070602_0009.jpg

現在の入浴料は430円。
婦人髪洗料なんてあったんだ。長髪の男もショートカットの女性もいなかった時代だね。

面白くて3時間以上いてしまった。
府中市美術館は時間的に無理そう。国分寺には向かった。

小金井公園を出て、五日市街道、玉川上水沿いの遊歩道を西へ走る。
ここも緑多くていい感じ。
喜平橋交差点から国分寺駅方面へ南下。
お昼ご飯は駅のそばでなんか食べようと思ったが、
その手前にラーメン屋があったので入る。
「遊雅」という豚骨屋さん(味噌ラーメンなども有り)。豚骨にする。うん、なかなか。
ランチタイムで替え玉サービスってことなので、唐辛子を練りこんであるという赤麺も食べた。
麺はそんなに辛いわけでもない。カウンターの辛子高菜が辛くて美味い。

来た道をちょっと戻って本多五丁目交差点を西へ。
西武多摩湖線の踏切を渡り、日立の研究所に沿って走る。
プリントして持って行った国分寺市HPの観光マップによると、
姿見の池というのがあるようなのだが、よくわからなかったのでスルー。

西国分寺駅前で中央線を渡り、武蔵国分寺公園へ。
中を抜けて、案内板に従い、真姿の池湧水群を目指すが、
ものすごく細い道に入り込み、途中から階段になってしまったので、自転車抱えて下りていく。

20070602_0010.jpg

真姿の池湧水群。
なんということもなさそうだが、
鬱蒼とした緑に囲まれた清澄な湧き水を眺めれば、やはり清清しい。

20070602_0011.jpg

真姿の池。側に祀られているのはやっぱり弁天様。

20070602_0012.jpg

野菜の直売をしている本多家。
大地主らしく、このあたりの大きなお屋敷はほとんど本多姓。
さっきの交差点も本多だったね。

20070602_0013.jpg

これも本多さんの土地かな。

20070602_0014.jpg

清流沿いの小径が「お鷹の道」。このあたりは尾張徳川家の御鷹場だったそうだ。

20070602_0015.jpg

国分寺の「国分寺」。本堂。

20070602_0016.jpg

市の重要文化財、楼門。

4時半くらいになったのでここまでで帰ることにする。
地図を見てルートを決める。




まずは東へ伸びる道を行く。
途中、どうしても見逃せない建物に遭遇。

20070602_0017.jpg

どうやら看板屋さんらしい。
商品見本なのだろうが、ノリが尋常でない。

20070602_0018.jpg

自主制作の観光案内板も。

20070602_0019.jpg

これ、笑った。上のほう、「Boys de ambitious」。これじゃ「合格」ムリ!

20070602_0020.jpg

「吉田茂」から「イチロー」って、飛ぶねえ。

20070602_0021.jpg

お店の佇まいもかなり強力。

さて、今度こそまっすぐ帰ろう、

20070602_0022.jpg

と思ったら「撮ってほしい」って雰囲気の大木。
また停まり、デジカメ引っ張り出す。

それからはホントにまっすぐ帰る。
東元町3丁目交差点から国分寺街道を南へ。
栄町交番前交差点から東八道路を東へ東へ。
東八道路って何? 東京〜八王子のことかな。
道沿いにいろいろある。
関東医療少年院、多磨霊園、府中の免許試験場、武蔵野公園、野川公園、
みたか温泉・鷹場の湯。

道幅が狭くなってもさらに進んでいくと、高井戸で中央高速に合流。
先日、吉祥寺から帰ってきたときに通ったところだ。後は甲州街道走って帰る。

総走行距離は約34km。
国分寺からウチまでの約22kmは片道としては新記録かな。

帰宅して一休み。
この日の行動はまだ続く。

夜9時前にウチを出て、歌舞伎町まで歩いていく。
9時ちょっと過ぎの歌舞伎町。
路上には、まだこんな時間なのにもう座り込みゲロ吐いてるヤツ、
フトモモ丸出しで寝ちゃってるお姉ちゃん。
で、僕は何しに来たかというと、映画「バベル」を見に。
9時半くらいからのオールナイト1回目。
感想はまた別記事で。(書けるかな?)

めちゃくちゃ動き回った一日であった。

   * * *

江戸東京たてもの園の写真はこちらに大量展示。
えいはち@十二社の写真館>105号展示室〜江戸東京たてもの園
posted by えいはち at 15:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも。いいルートですね〜。僕も前に府中基地のレーダーを拝みに行った時に湧水の公園に立ち寄りましたよ。綺麗ないいところですよね。

ところで、たてもの園の銭湯ですが、あれとそっくりなたたずまいで、現役で営業している銭湯が僕の住んでいるあたりにあります。昨年行った当時の日記を貼っておきますね。ここも番台のおばあさんがもう結構な年齢だと思うので、時間の問題かもなぁ…。
http://d.hatena.ne.jp/highma/20060422
Posted by 冬野灰馬 at 2007年06月05日 01:11
どうもどうも。国分寺のほうは時間が足りなくてだいぶスルーしちゃいました。殿ヶ谷戸庭園とかにも行きたかったんですが。
鶴の湯、良さそうですね。次回、吉祥寺行く機会があれば寄ろうかな、なんて思いますので、そちら方面の面白情報お願いします。
Posted by えいはち at 2007年06月05日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。