2007年10月29日

10月27日の行動 幡ヶ谷でプール〜八王子・F宅で餃子パーティー

午後、餃子パーティーに呼ばれていたので、午前中から泳ぎに行く。
台風接近で雨なのでハチ公バスに乗って、渋谷区スポーツセンターへ。
ハチ公バスではいつもの中幡小学校プールにも行けるが、
そのあとは幡ヶ谷駅まで歩いて、ランチ、買い物、電車で帰る予定だったので、
より駅に近い方へ。

以前は渋谷区スポーツセンターのハチ公バスのバス停は、
代々木郵便局の前の通りだったので、だいぶ歩かなければならなかった。
最近、隣の高齢者施設「せせらぎ」の玄関前まで入っていくようになったので、
スポーツセンター利用者にもぐっと便利に。

すいすいと泳ぎ続け、2500mほど行ったところで、
腕にはめてなくちゃいけないはずのロッカーの鍵がないことに気づく。
あわてて上がって、ロッカールームへ行くと、
やはり鍵閉めずに刺したままだった。
中身は無事。あー良かった。
3000mまで行こうかなと思っていたが、もう充分と、上がることに。

徒歩で幡ヶ谷駅へ。丁度お昼。
ダルヴィッシュでホーレン草とマッシュルームのカレー。
そのあと駅上のスーパーで買い物。
僕は餃子以外の炒め物担当なので、その食材。
牛肉、豚肉、ニンニクの芽、ピーマン、キクラゲ、紹興酒。

一旦ウチに戻り、支度して、新宿駅へ。
京王デパートのワイン売り場で、「餃子に合うワインってどんなでしょう」。
店員のおばさんもちょっと困ってたようだけど、
「ニンニクやラー油使うんでしたら、軽い赤、ピノノワールなんかが…」
と言うので、チリ産ピノノワール買っていく。

京王、準特急に乗って、聖蹟桜ヶ丘まで。
ホストのF夫妻、餃子担当のMと落ち合い、八王子市内のF宅へ。

餃子の準備が一段落ついたところで、キッチンをあけてもらい、
まずは一品目にとりかかる。

木耳炒蛋

gyooza1.jpg

卵3個溶いて塩少々、中華鍋に油を引いて、ふわふわに炒めて取り出しておく。
中華鍋に油引き、ニンニク、ショウガのみじん切り、豆板醤を小さじ1入れ炒め、
ブタ小間切れ120g入れ炒め、水で戻したキクラゲ、ピーマンとタマネギの細切り入れ炒め、
塩、オイスターソース、紹興酒、醤油で味付け、
卵を入れ、ごま油で香りつけ。

みんなでつついて、次、二品目。

蒜苗牛肉

gyooza2.jpg

ボールに醤油大さじ1、紹興酒大さじ1あわせて牛肉小間切れ120g絡ませ15分ほど置く。
4〜5cm長さに切ったニンニクの芽をさっと茹でて、ザルに出しておく。
中華鍋に油引き、牛肉に片栗粉まぶして、ミディアムレアに炒めて取り出しておく。
中華鍋洗って油引き、ニンニク、ショウガのみじん切り、豆板醤を小さじ1入れ炒め、
ニンニクの芽、タマネギの細切り入れ炒め、
塩、オイスターソース、紹興酒、醤油で味付け、
牛肉を入れ、ごま油で香りつけ。

さらに三品目。

回鍋肉

gyooza3.jpg

味噌大さじ2、醤油大さじ1、紹興酒大さじ1、オイスターソース少々を合わせておく。
中華鍋に油引き、ニンニク、ショウガのみじん切り、豆板醤を小さじ1入れ炒め、
ブタ小間切れ120g入れ炒め、キャベツ、ピーマン、パプリカ、タマネギの乱切り入れ炒め、
合わせた調味料を回し入れ、ごま油で香りつけ。

こういうのの作り方ってほとんどラーメン屋のカウンターから見てて覚えちゃった。
世の中の多くの人はクッ○ドゥーがないと中華は作れないって、
【Aの素KK】に洗脳されちゃってるようだけど、
常備してる調味料で充分なはずなんで、
クッ○ドゥーの分だけ余分な出費になってると思うよ。

さて、いよいよメインの餃子。
まずは茹で。

gyooza4.jpg

続いて焼き。

gyooza5.jpg

こうして見ると、見てくれはそんなに良くなかったかもしれないが、
美味しかった〜。皮が最高。
担当者Mは最近料理学校卒業したそうなのだ。

買って行ったワインとのマッチングなのだが、
F宅にあったワインとかいろいろ開けて、飲んじゃったんで、ワケわからん。
もー、全部、美味かったわい。

結局帰りは最終電車。台風はいつのまにか行っちゃってたようだ。
posted by えいはち at 14:34| Comment(9) | TrackBack(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台風の中、お疲れさんでした。

中華三品はどれも秀逸だったね。皆にも好評だったし、
事前の構想もあったようで、快心の出来だったんじゃないだろうか。

特にキクラゲの一品は、写真も良いね。定番料理なんだけど、
キクラゲ&卵以外の具材の占める割合が高くて、家庭料理っぽくて面白い。
お店で、よくお目にかかるのは、キクラゲと卵と調味料だけってことが多い。
旨いんだけどワンパターンで、家庭で頻繁に食うにはバランスがね…ってのを、
アレンジして「持続可能」なメニューにしたって感じ?

写真は、露出、色温度ともに(いつものことだが)ウチのとは結構違うね。

ところで、3品に比べて、餃子の写真が、あんまり旨そうじゃないぞ。
焼き餃子は盛りつけの問題もあるが、撮影者の気力の低下を感じるな。
すでに酔っぱらってたか?(笑

参考までに、餃子も現物は美味だった。
さらに、価格うんぬんでなく、なかなか食せない味。
あぁいう餃子って、いったいどこへ行けば食えるんだ?
高級店なら食えるというわけでもない代物だよな?

Posted by 某F(Peekaboo) at 2007年10月31日 00:26
炒め物はレシピ見て、今回も細君にチャレンジしてもらい給へ。
中華鍋が小ぶりで、炒め用のお玉もなくて苦労したよ。
せっかく強火があるのにもったいない。

餃子が出てきた時には酔っ払ってたよ。
でも美味かった〜。有名店の美味さとは違うんだよね。
また食べたいのなら、
彼女にお店出してもらうしかないかな。
開店資金のため、一発当てて頂戴。
Posted by えいはち at 2007年10月31日 08:55
家は、お玉はプラスチックだな。
大きなティファールの中華なべあるよーん。
結構便利。
でも、クックドー常備。
だって、味作るのが面倒なんだよ。
Posted by まりん01 at 2007年10月31日 10:03
やっぱ中華鍋は鉄で、強い火にかけて熱〜くして、
金属のお玉でガンガン叩きながら鍋振りして、
紹興酒をジュワっと、醤油をジュワっと入れて仕上げ、
またガンガン叩いて取り出したら、
竹のササラで洗剤使わずお湯だけでガシガシ洗って、
火にかけ乾かし、冷めたら油塗って仕舞う、
コレでしょう。
Posted by えいはち at 2007年10月31日 11:48
鍋はみんな食器洗い機に入れちゃいますー。
洗うなんて面倒臭いよー。
今のが壊れそうだから、
新しいやつは塩で洗うやつ買おうかなあ。
Posted by ティファール at 2007年10月31日 13:53
 えいはちさん、お料理お上手なんですね〜。
 おいしそうです…。
 中華料理って、やっぱ火力ですよね〜。
 うちも昨日は餃子作りました〜。オーソドックスな餃子です。(単純作業は得意なので…包むの好きなんです)
 主婦って、毎日の事だから面倒臭いのもあってマンネリに陥ってます。ほんとバリエーションないです。料理の上手い人って殆んど尊敬のまなざし…です。
Posted by うつこ at 2007年11月02日 14:25
うつこさん、どうも。
たまにしかやらない男の料理ですが、好きなんですよね。
ここの家に招かれた時はいつも料理作ってます。
今までも、鶏唐揚げ、肉じゃが、カキフライ、チゲ、カルボナーラ、伊勢に行った時にお土産で買った松阪牛でステーキ…。
でも、餃子とか、手先使うものは苦手で、この日もまかせっきりでした。
主婦の人は毎日だから大変ですよね。
この日の三品見てくれると判ると思いますが、
(回鍋肉の味噌以外は)使ってる調味料一緒でしょ。
レバニラ炒めとかゴーヤーチャンプルーもこれでできますよ。
お試しください。
Posted by えいはち at 2007年11月02日 17:02
そういえば、うちには中華お玉が無いな。軸から90度曲がったような、スープレードル風のばっかりだ。これはそのうち仕入れておこう。
あと、でかい中華鍋は確かに良いんだけど、柄付きだと長くなって仕舞う場所が無いんだよな。柄付きじゃなくて、両側が耳のやつなら、なんとかなるかもしれないが、それだと持ち手が熱くなるから、いちいち布巾持って料理しないといけない…。
まぁ、道楽じゃなくて日常的に料理をするとなると、色々制約があるってことだ。
竹ささらも昔から常備してるんだけど、うちのかみさんは、なぜかいつもシッカリ洗い流って錆びさせるんだよね。何度言っても聞かないので、何か信念があるんでしょう。
あの餃子の食える店については、吉報を待とう。
Posted by 某F(Peekaboo) at 2007年11月03日 22:32
両耳中華鍋は扱いが難しそう。それならアレのほうがいいでしょう。
どうしても洗剤でしっかり洗いたいのかなあ。
せっかくの被膜も取れちゃうのにね。
鉄製なら、錆びても紙やすりでキレイにして空焼きしなおせば再生可能。
Posted by えいはち at 2007年11月03日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63227591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。