2008年05月08日

「アイム・ノット・ゼア」

有名人の伝記映画はいろいろあるようだが、ほとんど見た記憶がない。
「ボブ・ディランの伝記映画」とされているこれはさすがに、
ファン歴30余年、筋金入りのディラン・フリークの僕としては、
やはり見ておくべきかな、程度に考えていたのだが、意外にも、
過去数回体験しているディランのライブに匹敵するくらい、
エキサイトさせられ、大満足であった。

僕が初めてディランのコンサートを見たのは1986年、
トム・ペティ&ハートブレーカーズをバックに従えての武道館公演。
(その前の1978年初来日時はまだ中学生で、
コンサートのチケットの買い方も知らなかったので、見送った)
ステージに現れたポップ・ミュージックの「巨人」は驚くほど小柄で華奢だった。
そして、ヒゲ面のオヤジのはずなのに、中性的なセクシーさを漂わせていた。
サザン・ロックの代表、ハートブレーカーズのサウンドに、
黒人女性のゴスペル・コーラスが絡み、
アメリカのすべてが凝縮されたようなステージだった。
その前年に見た、ブルース・スプリングスティーンの初来日公演で、
ロックンロールの究極を見てしまったように思ったが、
スプリングスティーンからは「アメリカ東海岸の白人男性」を強く感じたのに対し、
ディランから感じたのは、アメリカの全土であり、
性別も年齢も宗教も問わないすべての人種のための歌だった。
なので、
1人の人間を6人の俳優が演じる、それも黒人少年や女性も含め、
という斬新な手法も、まさに「我が意を得たり」であった。

6人の俳優が演じたのはディランそのものと言うより、象徴的キャラクターだ。
フィクションと、「ディラン史実」が混交して描かれる。
また、楽曲もすべてディランのナンバーだが、
各キャラクターが歌っている(という設定の)ものと、オリジナルのディランのもの、
それぞれが憎らしいほど効果的に映像に絡む。

憧れのウッディ・ガスリーの名前を騙り、ギター片手に貨物列車で放浪する黒人少年。
ギターケースに書かれた「ファシストを殺すマシン」、大人相手の生意気な言動は、
ディラン初期の頃のインタビューでのマスコミを煙に巻く受け答えを彷彿とさせる。
黒人の老人らと「トゥームストーン・ブルース」を、
白人家庭のリビングルームで「船が入ってくる時」を歌う姿に、
アメリカ全土の音楽を貪欲に吸収していったディランのトレースを見た。
さらに、入院中のウッディ・ガスリーを見舞う「史実」も再現されている。

新進気鋭のフォーク・シンガー、ジャック・ロリンズは、民衆の代弁者。
黒人女性給仕が白人男性客に撲殺されながら無罪となった実際の事件を、
「ハッティ・キャロルの寂しい死」で切々と歌う。
その姿は60年代前半の「史実」に極めて近い。
彼について語る女性シンガーのモデルは、明らかに同志ジョーン・バエズ。
いつしか彼は隠遁し、数年後、ジョン牧師としてペンテコステ派教会で説教をし、
ゴスペルとして歌う曲は「プレッシング・オン」。
80年前後のクリスチャン期を大胆にも牧師として描いてしまった。

ロリンズをモデルにした映画でスターとなった俳優、ロビー・クラーク。
フランス人抽象画家の妻との破綻した結婚生活は、
家庭人としての失敗を描き、多くの愛の不毛をテーマにした歌を思い出させる。
シャルロット・ゲーンズブール演じる妻クレアは、
結婚には至らなかったものの思想的影響を与えた恋人スーズ・ロトロと、
結婚し4人の子供をもうけた妻サラ・ディランとを合わせた人格のようだ。
ロビーとクレア、出会ったばかりの頃のラブ・シーンに絡むのは、
オリジナル・トラックの「アイ・ウォント・ユー」。

フォーク・ソング・フェスティバルに集まったインテリゲンチャ連中に、
マシンガンぶっ放すように「不良の音楽」を叩きつけたロッカー、ジュード・クイン。
ニューポート・フォーク・フェスでの「史実」通り「マギーズ・ファーム」でスタート。
大ブーイングを浴びても、知ったこっちゃないと英国ツアーへ。
ビートルズと思しき連中との「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」ごっこで笑わせてもくれる。
鬱陶しいジャーナリストを追い詰めるように鳴り響く、「やせっぽっちのバラッド」。
《何かが起こりつつあるけど、それは何かあんたにはわからないんだよ、Mr.ジョーンズ》
時折画面を這う毒蜘蛛は、この頃出版された詩集「タランチュラ」を象徴。
ライブ・アルバム「ロイヤル・アルバート・ホール」に収録されている「史実」、
ステージ上での観客との「ユダ!」「嘘つきめ!」の掛け合いも再現。
帰国後、猛スピードで突っ走っていたコイツは、「史実」通り、
バイク事故で瀕死の重症を負う。
このジュードを演じたのが、女優ケイト・ブランシェット。
恐ろしいほどハマってる!

リチャード・ギア演じるアウトロー、その名もビリー・ザ・キッド。
バイク事故後の隠遁、そして内省的でゆったりとした活動期間の象徴か。
サム・ペキンパー監督の映画「ビリー・ザ・キッド」に出演したり、
別人のような澄んだ声でカントリーを歌ったり、謎の多い時代。
開拓時代の風景の中で歌われるのは、アルバム「地下室」に収められている、
「アカプルコへ行こう」。
かつては無法者と保安官だった、
ビリー・ザ・キッドvsパット・ギャレットの対決が再現されるが、
ビリーは捕らえられかけのところで逃げ出し、貨物列車に飛び乗る。
貨車には「ファシストを殺すマシン」と書かれたギターケース。
あの黒人少年同様、行き着く先は再び大都会か。
「史実」でも、この時期を経て、ディランは再びニューヨークに戻り、
「偉大なる復活」を遂げるのであった。

そしてもう1人、たえず夢の中のようなザラっとした映像の中で、
シュールな言葉を吐き続けるのは、
フランス象徴派詩人の名を騙る男、アルチュール・ランボー。
現実と内面を同時に描かれたような他の5人と違い、
この男は絶えず内面の深い部分、意識下の象徴として、
すべてをつないでいるようだ。

トッド・ヘインズという監督、よくぞこれだけのものを作り上げた。
もはやディランを讃える記念碑も銅像もいらない。
この映画こそ最高のモニュメントだ。
posted by えいはち at 17:34| Comment(6) | TrackBack(14) | CULTURE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
筋がね入りのディランファンのえいはちさんにも満足できる映画だったんですね〜。
ディランはまさにアメリカ全土を感じさせる人と実感されていたとは。
えいはちさんの記事を読んで、映画のおさらいができました。
賛否両論のようですが、この上なく彼にふさわしい作品であったという思いが強まりました。
Posted by かえる at 2008年05月08日 21:57
かえるさん、いらっしゃいませ。
ディランについてあまり知らない人にもわりと好評のようですね。
実際、鑑賞したときも、ディランにはあまり縁がなさそうなお客さん(見た目だけですが)が多かったのが意外でした。
近くに座っていた若い女性2人が終了後「コレ好き!」「ダメ、寝ちゃった…」と話していたのが印象的でした。
Posted by えいはち at 2008年05月09日 09:26
おはようございます。
隅々まで堪能されたえいはちさんならではのレビューですね。
自分が受け流してしまったシーンに、ディラン本人の言動が
あちこちに散りばめられていたことがよくわかりました。
私もスプリングスティーンの来日公演(たしか85年)に
行ったことがあるのですが、やっぱり彼はブルーカラーの
白人社会を代弁しているような印象を受けました。
でもディランのほうには、アメリカ全土を代表する
スケールの大きさがあるように感じます。
えいはちさんのおっしゃるとおり、女優や黒人少年に
ディランを演じさせたことには、そういう意味があったんですね。
改めてディランの偉大さを実感できました。
すばらしいレビューを読ませていただき、ありがとうございました!
Posted by masktopia at 2008年05月09日 10:01
masktopiaさん、ありがとうございます。
筋金入りファンの感想をぶちまけてみました。
今調べたら、136分と結構長いのですね。それでも1カットも気を抜かず見続けられました。
最近の(と言っても1997年以降ですが)来日公演くらいから、客のノリが尋常ではなく、若いファンが増えてる感じがしましたが、この映画をキッカケにさらにファン層が広がると面白いと思います。
Posted by えいはち at 2008年05月09日 11:25
寄り道カフェのシュエットです。こちらにもTBありがとうございました。冒頭の音楽から、スコ〜ンとタイムスリップしてしまいました。
ヘインズ監督の「ベルベット・ゴールドマイン」も結構好きな作品でしたし、本作は、最近のやたら多いアーティストをテーマにした音楽映画とは完全に一線を画した作品。ヘインズ監督の時代に切り込むセンスと、彼独自の映像センス。良かったです。ただ一緒に行った娘とはちょっと断絶を感じたのがショック。
Posted by シュエット at 2008年05月12日 17:23
シュエットさん、どうもありがとうございます。
冒頭からタイムスリップ。そうですね。僕もディランを聞き始めた頃の感覚が甦ってきました。
ただ、映画の中に描かれた時代はほとんど既にその時も歴史となっていました。
辛うじて、(映画にはそのシーンはないですが)ビリーの汽車が終着駅に着き、ロビーとクレアの離婚が成立し、ジョン牧師が説教を始めたあたりからがリアルタイムで過ごした時代です。
ヘインズ監督も僕とほとんど同世代なのでその点はあまり変わらないかもしれません。
むしろどっぷりとジャックやジュードの時代を知っていたら、こんな風には撮れなかったのでは、とも思います。
Posted by えいはち at 2008年05月13日 10:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アイム・ノット・ゼア/I'M NOT THERE
Excerpt: え〜?リチャード・ギアがボブ・ディラン{/eq_2/} なんて最初聞いた時はびっくりしたけれど、 よくよく聞くと、クリスチャン・ベールやヒース・レジャー、ベン・ウィショーはいいとして 黒人の子供{..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2008-05-08 21:53

アイム・ノット・ゼア
Excerpt:  東京に行ってきました。目的はシティ・ボーイズのライブです。しかし、映画ブロガー
Weblog: eclipse的な独り言
Tracked: 2008-05-08 22:37

「アイム・ノット・ゼア」トッド・ヘインズ
Excerpt: I'm not there. 2007アメリカ 監督:トッド・ヘインズ 脚本:トッド・ヘインズ、オーレン・ムーヴァーマン 出演:クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、マーカス・カール・フラン..
Weblog: Mani_Mani
Tracked: 2008-05-08 23:32

『アイム・ノット・ゼア』
Excerpt: 奇想天外な心の旅。 生ける伝説のミュージシャン、ボブ・ディラン。詩人/アルチュール・・・ベン・ウィショー 無法者(アウトロー)/ビリー・・・リチャード・ギア 映画スター/ロビー・・・ヒース・..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2008-05-09 00:20

「アイム・ノット・ゼア」映画館レビュー 何故に
Excerpt: 僕は夢の中で、この映画に出てくる、世間からは総じてボブ・ディランと呼ばれる人物について、なぜ共感できないのかと、多くの人を敵に回していた。
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
Tracked: 2008-05-09 01:11

【映画】 アイム・ノット・ゼア
Excerpt: 今回は、映画「アイム・ノット・ゼア」 1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行...
Weblog: Coffee and Cigarettes
Tracked: 2008-05-09 09:36

アイム・ノット・ゼア◆フィクションで描くディラン伝説
Excerpt:         「アイム・ノット・ゼア」 (2007年・アメリカ)    ボブ・ディランについて知っていること――60年代アメリカのポップカルチャーのカリスマ、フォーク・ロックの草分け、プロテストソ..
Weblog: 好きな映画だけ見ていたい
Tracked: 2008-05-09 10:02

「アイム・ノット・ゼア」 答えは風に舞っている
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 あらゆる芸術の中で“詩”というものは言葉の壁がもっとも高いジャンルだと思います。 ボブ・ディランといえば、名前は知っているし、有名な曲は「あぁ、あれね」と思いつく程..
Weblog: ハピネス道
Tracked: 2008-05-09 23:39

「アイム・ノット・ゼア」
Excerpt: I'M NOT THERE 2007年8/アメリカ/136分/PG-12 私が音楽に興味を持ち出した頃、ベトナム戦争を背景に巷では反戦フォークが溢れ、ジョン・バエズが、ボブ・ディランが、ピー..
Weblog: 寄り道カフェ
Tracked: 2008-05-12 17:18

He is there.〜『アイム・ノット・ゼア』
Excerpt:  I'M NOT THERE  音楽界の生ける伝説、ボブ・ディランの半生を、6人の俳優によるアンサンブル で独創的かつ多面的に、時間も空間も飛び越...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2008-05-13 19:52

アイム・ノット・ゼア:各人の認識に対する無数の問いかけに満ちた作品
Excerpt: ★監督:トッド・ヘインズ(2007年 アメリカ) 京都シネマにて。 ★解説(Yahoo!映画より引用...
Weblog: 犬儒学派的牧歌
Tracked: 2008-05-13 21:46

アイム・ノット・ゼア♪6人のボブ・ディラン
Excerpt: 6人のキャストが演じる、それぞれのボブ・ディラン 5月8日、京都シネマにて鑑賞。そういえば、ボブ・ディランは今も健在なのだ!実は私もボブ・ディラン世代?でもファンではなかったが。日本のフォークシ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-05-15 19:10

アイム・ノット・ゼア
Excerpt: I'm Not There ボブ・ディランをモチーフに、ロック・ドキュメンタリーと詩的なドラマ性を融合させた、ユニークな音楽映画。 僕はそこにはいない・・・一人の人間の多面性を投影させた6..
Weblog: knockin' on heaven's door
Tracked: 2008-05-16 23:25

「アイム・ノット・ゼア」
Excerpt: 「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」に続く、 「ケイト・ブランシェット特集」の第3弾。 この作品・・・6人の俳優がいろんな人格としての伝説的歌手ボブ・ディランを演じる・・・って趣向。 去..
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-02-12 03:57
※コメント、トラックバックは承認制です。表示まで時間がかかりますので、お待ち願います。

お帰りの際はどれかクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ